病棟

丈夫な骨をGETしよう|脊柱管狭窄症で密度が減るのは運動不足

ゆっくり治していきます

看護師

摂食障害には、さまざまな症状があり、それに合わせた治療も同様に多数存在します。どんな症状が、どんなときに現れるのかを詳細に判断していく必要があります。また、家族など、周りの人のサポートを受けながら、少しずつ回復していくように治療を進めていきます。

詳細を読む

腰や足の痛み

医者

痛みの症状

脊柱管狭窄症は、腰の痛みや足にビリッと走る痛みや痺れがある辛い症状が出る病気です。主に高齢者が多い病気ですが、若い人もなる可能性はあります。若い時に重い物を持ったり、運んだりする仕事をしていたりするとなりやすいです。また、腰を痛めた事があったり、無理をして重労働をしたり、長時間の運転などでもなります。脊柱管狭窄症は、女性に多いとも言われています。症状は、腰の痛み、足のしびれなどですが、痛みがひどく歩く事や階段の上り下りが困難になる事もあります。痛みが出て、休むと痛みが和らぎます。これを繰り返して過ごす事になりますので、辛い生活になります。医療機関は、整形外科に行くと良いでしょう。治療方法は色々ありますので、体にあった方法で治療しましょう。丈夫な骨を得ましょう。

痛みを緩和する

脊柱管狭窄症の治療は、痛み止め、手術、マッサージなどがありますが、手術をすると症状はなくなり体は楽になります。痛み止めは、副作用があります。手術以外にも痛みを緩和する方法を考えてみましょう。ストレッチをして体を柔らかくする、マッサージで血流を良くする、腰に電気をあてるなどして痛みを緩和します。脊柱管狭窄症の症状は、人によりそれぞれですが、痛みがある場合には、生活に影響が出ますので注意が必要です。痛みを我慢しないで治療をしましょう。病院でもリハビリやマッサージ、整体などを行っている場合がありますので利用しましょう。気持ちが楽になるように環境も変えたり、楽しい趣味を持ったり、食事を楽しんだりして気持ちを変える事も良いです。自分に適している上、確実に痛みを緩和させられる方法を見つけましょう。

年々増加している

先生

大腸がんになる人の数が増えていますが早期に発見出来れば治癒する確率が高くなるので、定期的に検査をすることが大切です。ただ大腸がんの場合は進行していたとしてもしっかりと治療をすれば良くなることが多いので、諦める必要は全くないのです。

詳細を読む

骨密度が減るのは運動不足

男性

骨粗鬆症は骨密度が減少することで起こります。特に運動不足は骨密度が減少する原因になります。また女性は閉経後に急速に骨密度が減少するので、カルシウムを十分に摂取することが必要です。治療法としては食事、運動、薬物療法です。骨粗鬆症が怖いのは転倒しやすくなり骨折することです。

詳細を読む